お問い合わせ
受講資格および選抜試験について
受講資格および選抜試験についてイメージ写真
  1. ホーム
  2. 第一級陸上特殊無線技士養成課程
  3. 受講資格および選抜試験について

養成課程の受講資格

以下の各項目のいずれかに該当する方は、養成課程を受講できます。

  • 第一級陸上特殊無線技士の資格に係る選抜試験に合格した者
  • 学校教育法による高等学校又は中等教育学校の電気科又は電気通信科を卒業した者
  • 学校教育法による大学、短期大学、高等専門学校、高等学科又は中等教育学校の電気通信に関する課程を卒業又は修了した者 (修了は、大学の1年次以上又は高等専門学校の3年次以上)
  • 入学資格を学校教育法第57条に規定する者とする修業年限を3年以上とする学校の電気通信の課程を卒業した者
  • 入学資格を学校教育法第90条に規定する者とする修業年限が1年以上の学校等の電気通信に関する課程を有する学科等を卒業し又は修了した者 (修了は1年以上)
  • 第二・第三級総合無線通信士、第一・第二・第四級海上無線通信士又は航空無線通信士の資格を有する者
  • 当該認定申請前5年以内に通算して3年以上 (学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者及びこれに準ずる者の場合は、1年以上) 多重無線設備の保守の補助又は搬送端局設備若しくは電力線搬送端局設備の保守に従事した経歴を有する者。この場合において、高等学校を卒業した者に準ずる者は、学校教育法第90条第1項に規定する大学に入学することができる者とする。 (免許人の証明が必要となります。)

※資格要件に該当する方は、選抜試験対策講座・同試験が免除となりますので、その場合には申し込み時にその旨をご連絡ください。
 例: 「工業高校の電気科卒」など

選抜試験について

第一級陸上特殊無線技士養成課程の受講資格に満たない方でも、弊社が行う選抜試験に合格すれば養成課程の受講が可能になります。選抜試験の合格を目指すには、高等学校又は中等教育学校の電気科又は電気通信科で学習する程度の知識が必要です。
※選抜試験には受験資格はありません。

試験科目の詳細

数学 (6問)

1 代数 (二次方程式、複素数、不等式及び対数)
2三角関数 (加法定理、二角の和及び差の正弦余弦の積、二倍角及び半角の公式並びに正弦余弦の乗積公式)
3微分、積分の初歩 (関数の極限、微分法、極大極小及び積分の基礎公式)

電気物理 (4問)

1静電気 (電界、クーロンの法則、静電誘導、コンデンサ及び静電容量)
2電流 (オームの法則、ジュールの法則及び抵抗率)
3電流の磁気作用 (右ねじの法則、ビオ・サバールの法則、電磁誘導、フレミングの左手の法則、フレミングの右手の法則及びインダクタンスの計算)

電気回路の基礎 (6問)

1直流回路 (電流の接続、抵抗の接続及びキルヒホッフの法則)
2交流回路 (基本交流回路、直並列回路、共振及び相互インダクタンス)

電子回路 (4問)

1増幅作用 (原理、回路動作、等価回路並びに電圧及び電力増幅)
2発振作用 (原理及び発振器)
3変調作用 (変調波の種類、振幅変調の原理及び周波数変調の原理)
4復調作用 (原理 (振幅変調波の復調及び周波数変調波の復調) )
5整流作用 (原理、種類及び平滑回路)

※出題形式は、多肢選択 (択一式、補完式、正誤式などの設問に対する正答を解答肢の中から選択) 方式とする。
試験時間: 2時間
各問配点: 5点/合格60点以上

選抜試験対策講座

選抜試験の前日と当日に選抜試験対策講座を実施しております。選抜試験対策講座では、選抜試験を受験するために知っておくべき基本事項を学ぶことができます。

お問い合わせはこちら