ブレーンネットの第一級陸上特殊無線技士養成課程

第一級陸上特殊無線技士資格とは

総務省で定める無線従事者資格(※)のひとつで、陸上の無線局の無線設備の技術的な操作を行うためのものであり、この陸上特殊無線技士には、第一級陸上特殊無線技士、第二級陸上特殊無線技士と第三級陸上特殊無線技士があります。

第一級陸上特殊無線技士の操作範囲は、「陸上の無線局(空中線電力500ワット以下)の多重無線設備(多重通信を行うことができる無線設備で、テレビジョンとして使用するものを含む。)で30メガヘルツ以上の周波数の電波を使用するものの技術操作」となります。
※テレビ局の中継局や携帯電話の基地局など多重無線通信設備の操作が行えます。

近年、次世代通信のLTEやスマートフォン対応など需要拡大に伴い通信設備への投資が活発に行われており、無線技術者が不足している状況が続いています。

※無線従事者資格制度の概要

電波は空間を伝わるという性質があるため、電波を利用して通信を行うとき誤った操作を行ってしまいますと、他の通信に混信・妨害を与えてしまうことになりかねません。このことから無線設備を操作するためには、原則として電波に関する一定の知識・技能を身につけ、総務大臣の免許を受けて無線従事者になる必要があります。無線従事者の資格の種類は以下のとおりであり、各資格を有する者が行うことができる無線設備の操作の範囲は、電波法施行令第3条において定められています。
(総務省ホームページより抜粋)

無線従事者の資格の種類
総合無線従事者・第一~三級総合無線通信士
海上無線従事者・第一~四級海上無線通信士
・第一~四級海上特殊無線技士
・レーダー級海上特殊無線技士
航空無線従事者・航空無線通信士
・航空特殊無線技士
陸上無線従事者・第一~二級陸上無線技術士
・第一~三級陸上特殊無線技士
・国内電信級陸上特殊無線技士
アマチュア無線従事者・第一~四級アマチュア無線技士
移動体基地局アンテナ

携帯電話のサービス拡大とスマートフォンの普及に伴い、多重無線設備のインフラ整備や保守を含め、移動体通信事業に従事する技術者の需要は年々高まっています。携帯電話に限らず、警察や消防や衛星など、陸上の無線局、基地局での管理に必要となる資格です。

この資格を活かした仕事内容は

移動体通信業界の場合、資格保持者は屋内・屋外での無線基地局の建設・運用・保守における現場指示業務のほか、通信会社ネットワークセンターやベンダー内での作業管理、基地局の監視、障害復旧にともなう現地作業員への指示・連絡などの業務もあります。また、資格保持者なら、未経験者でも進みやすい職務もあります。

仕事の詳細につきましては、弊社のお仕事紹介ページ(BrainNetMobile)をご参考にしてください。
BrainNetMobile